組織(制度/風土)・人材改革

注力、俊敏、
将来性

絶え間ない変化への対応

今日の世界は、かつてないほど速く動いています。変化は絶え間なく続いています。デジタル技術の進歩は、産業やアイデアの融合を加速させ、絶え間ない破壊と再発明が新常態の特徴であることを意味しています。

組織・人材育成コンサルティング部門は、このような課題を解決し、組織をより効率的かつ効果的にするための支援を行っています。アーサー・ディ・リトルは、クライアントの組織の変化と改善を加速させ、他の組織とのコラボレーションを生み出すために、クライアントをサイド・バイ・サイドで支援します。
adl-services-organizationtransformation
Stop Icon Rotation
Rotate

クライアントの未来へ向けての「予測」、「革新」、「変革」を支援します

アーサー・ディ・リトルは、135年にわたり、組織コンサルティングのリーディングファームとして活動してきました。ADLは、業界の専門知識と組織のノウハウを組み合わせ、パフォーマンスの高いプロセスや組織を開発し、実行します。

両利きの組織
独自のアセスメントフレームワークを用いて、組織の現状、開発ギャップ、開発の方向性などを伝え、クライアントの組織の将来性を支援します。
企業再生プロセス
アーサー・ディ・リトルは、専門アドバイザーとして法律事務所と提携し、最初から最後まで集中力と正確性を確保しながらプロセスを管理することで、クライアントがエンドツーエンドのプロセスをコントロールし続けられるよう支援します。
ポストマージャーインテグレーション(PMI)
業界や企業特有の要件に沿った合併後の統合管理を支援します。
チェンジマネジメント
アーサー・ディ・リトルは、短期的なチェンジマネジメント能力の構築と、長期的なパフォーマンスの向上を目指して、クライアントと協働しています。
ゲームの不文律
URoG(Unwritten Rules of the Game)鑑定により、議論できないことを議論し、真の変革や発展を妨げる組織の問題を解消するお手伝いをします。
コンピタンス評価
企業の真のユニークさを定義し、戦略的アーキテクチャーと組織学習を通じて、コアコンピタンスを活用することに重点を置いています。
組織設計
アーサー・ディ・リトルの目的は、クライアントの目的に最も適した組織を設計し、実行することで、クライアントの競争力強化に貢献することです。
バランススコアカード(BSC)
バランススコアカード(BSC)は、明確に定義された戦略、視点、主要な比率、行動、予算との間の典型的なギャップを埋めるものです。
組織学習
アーサー・ディ・リトルは、膨大な数のクライアントの状況において、組織学習の創造と形成に深く関わってきました。
Lean
オペレーション、戦略、組織の各分野で、完璧を追求するために必要な能力を備えたチームを編成しています。
統合マネジメントシステム
アーサー・ディ・リトルは、統合マネジメントシステムの知的構造をクライアントとサイド・バイ・サイドで構築し、ハンズオンで変革のプロセスを支援します。
ナレッジマネジメント
投資家やアナリストは、企業価値を有形資産の生成、利用、成長能力に関連付けるようになってきています。アーサー・ディ・リトルは、クライアントの組織がこの価値を高めるためのお手伝いをします。
根本原因分析
アーサー・ディ・リトルは、「なぜなぜ」分析を用いて、クライアントが症状に対する治療法を見つけるのではなく、業績不振の真の理由を見つけることに集中できるよう支援します。

トランスフォーメーショナル・パートナーシップ

アーサー・ディ・リトルは、長い歴史の中で、クライアントが組織を変革し、変化のチャンスを実現するためのプロジェクトに携わってきました。ADLは、クライアントが今日の業績と、未来に向けた革新と適応の課題を両立させることを支援しています。
今日、ADLのデジタルトランスフォーメーションコンサルティングは、ますます接続性が高まる未来に向けて、クライアントがイノベーションを起こし、変革することを支援しています。独創的で実用的、かつ実行しやすいアイデアを生み出すことで、クライアントが混乱と変化の中で成功を収めることができるよう、現実的かつ持続的な違いを生み出すことを支援します。

チーム

実績ある戦略、革新的な技術、独創的なアイデアでクライアントをサポートし、価値の発見と進歩の鍵を開け、成功への道筋をつくります。

圧倒的な「ディファレンス」をご体験ください

アーサー・ディ・リトルは、有望なソートリーダー達と連携し、クライアントの新たな成長機会を発掘し、イノベーション能力の構築と組織の変革を支援します。Eメールでのお問い合わせ、各業界の専門コンサルタントへの直接のご相談、またはお電話でのお問い合わせは、東京オフィスまでお願いします。